請求する権利がある過払い金

2006年1月以前に、消費者金融などからお金を借り入れしたことがある方は、クレジットローンも含めて、ほぼ全員がこの権利を持っていると言われているほど当たり前のように行われていました。

これは、グレーゾーンと呼ばれ、まさに方の抜け穴的な金利で貸付けを行うというものですが、2006年に最高裁が判決を下した

「グレーゾーン金利を違法とし、債務者にその分は返還せよ」

となり、この判決で、利息制限法で定められた額よりも多く支払った利息分を過去10年に渡り、請求を行うことが可能となりました。

このことから、まだまだ過払い請求権を持っているにもかかわらず、返還の手続きを行っていない方も多いのではないでしょうか。

過払い請求は正当な権利ですので、自分が過去に借り入れを行っていた金利が妥当なものなにか?違法なものなのかを確認してみると良いでしょう。

貸金業者と過払い金と裁判所

もしも過去に貸金業者から借金をしたことがある人は、過払い金が発生している可能性があります。それは要するに払い過ぎてしまったお金ですので、取り戻すことが可能です。その際には司法書士や弁護士に借金相談をすると良いでしょう。

ただし返還金額の合計が140万円を超える時は、弁護士にしか依頼できませんので注意が必要です。 ちなみに実際に訴訟を起こす裁判所には、地方裁判所と簡易裁判所の二種類の裁判所があります。両者には様々な相違点があるのですが、過払い金の金額が140万円以下の場合ですと、それは簡易裁判所によって扱われるという法律上の決まりがあります。

過払い金の計算の方法とは

過払い金の計算をスムーズに行うにあたり、ベテランの弁護士が在籍している法律事務所にアドバイスを受けることが大事です。 とりわけ、高額な借金を返済するためには、高度なテクニックが要求されるため、早いうちから各分野の専門家とコミュニケーションを図ることが良いでしょう。

現在のところ、過払い金の計算方法に関して、大手の法律事務所のウェブサイトなどで分かりやすく紹介されることがあるため、いざという時に備えて、依頼先をきちんと選ぶことが大切です。 その他、弁護士のサポートの内容を理解することが重要な課題として挙げられます。

過払いはローンを完済しても取り戻せる

ローンを完済したあとなので、過払いは回収できないと考えている方は多いでしょうが、弁護士に相談すれば回収できます。 貸金業者が自主的に返還してくれる可能性はゼロなので、自分で手続きをするしかありません。 そもそも過払いというのは、借金とはまったく異なるものです。

借金の返済額を減額するのが債務整理ですが、過払い金請求は自分のお金を取り戻すだけです。 個人信用情報にも影響しないので、完済後でも遠慮せずに回収手続きをしてください。 弁護士に頼めば貸金業者と1対1で交渉して、個人で請求するよりも高額を回収してくれるでしょう。

弁護士に過払い請求を依頼して返還してもらいましょう

お金を借りていて返済期間が5年以上で金利が18パーセント以上の場合は過払い金が発生していることがあります。過払い請求を行うと、実際には払う必要がなかった分のお金が返還されます。自分で行うこともできるのですが、初めてだとわからないことばかりなので、弁護士に依頼すると良いでしょう。

弁護士事務所で過払い請求に関して無料相談をしてくれるところも多数あります。過払い金は最後に借入、返済した日から10年経つと時効が成立して、取り戻すことが困難になってしまいます。心当たりがある方は気軽に相談してみると良いでしょう。

弁護士に相談すればすぐに過払い金があるか調べられます

過払い金とは、消費金融やカード会社に多く払ったお金を返してもらうことです。お金を貸すときの利息は、利息制限法により法律で定められているのですが、2007年頃までは法律より高い利息で、お金を貸すのがあたりまえでした。

なので、当時に借り入れて多く払った利息を今返してもらおうというのが過払い金請求です。2007年以前に、借り入れをした方は、ほぼ全員が法律より多くの利息を取られているので、多くの方が対象となります。法律問題なので、難しそうと諦めてしまっている方も多くいますが、今では弁護士に相談するだけで、すべての手続きを変わりにしてもらうことが出来ます。特に大阪では返金率がとても高いです。

弁護士に相談できる過払い請求

過払い請求というのは、貸金業者に支払いすぎたお金を取り戻すことをいいます。お金を貸す際には「利息上限法」という法律によって、守らなければならない金利の上限が定められています。

そのため、上限を超えた金利で返済をしていた場合、そのときに支払った利息を取り戻すことが可能です。過払い請求をおこなうなら、弁護士に依頼するのが最適です。しかし、取引から10年が経過すると請求権が消滅してしまうので、注意が必要です。また、貸金業者が倒産してしまうなどの事態も起こりえるので、思い当たるお金があればすぐに弁護士に相談しましょう。大阪をはじめとする全国各地に事務所があります。

過払い金の請求を弁護士に相談する

大阪の弁護士は、無料で相談に乗ってくれる方がたくさんいます。過払い金があるかどうか確実ではないが、可能性があるという方は早めに相談するのがおすすめです。期限が過ぎれば、払いすぎた分を請求しても無効になってしまいます。

請求できる期限が決められているからです。期限は返済の完済から10年となっています。グレーゾーンといわれる金利での営業をしていた期間にお金を借りた人は、利子を払いすぎている可能性が高いです。払いすぎた分を返してもらうには過払い金返金請求が必要になります。銀行のカードローンや、ろうきん、農協、信用金庫などは低い利率での貸付なので可能性はないと思います。

弁護士の過払い請求について

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事の成否への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金を諦める前に

自己破産情報

借金相談情報

弁護士情報

相続手続き、遺産分割協議情報