遺産相続手続きの放棄について

遺産相続手続きを放棄する場合としては、増加する財産よりも減少する財産のほうが多い時や、以前から行なっていた家業を継いだりする為、財産となる土地や建物を相続するケースがあります。他にも、両親の老後の生活していく資金として、財産を譲りたいケースなどもあります。

相続を放棄するには、家庭裁判所に出向き相続放棄申述書を、故人が亡くなったことを知ってからの三ヶ月以内に提出する事が義務付けられています。家庭裁判所では、他の人から放棄を強制された事でないかを確認し許可します。一度相続の放棄が許可になると特例がない限り、取り消したりする事ができません。

期限までに遺産相続手続きを行ういい方法

期限までに行わないと、遺産相続手続きは期限切れになって大きな問題になります。絶対にミスをしないためには、専門家の方にお願いして手続きをしてもらう方法があります。専門家の場合は、期限がこの時期に設定されていると判断して、その期限までに全ての問題を解決するようにしています。

無理なく手続きを完了させられるように、必要なものは全て用意してくれますし、代行する部分は代行して行なってくれます。お金はかなり必要ですから、自分たちでできるところは行いつつ、どうしても専門家の方にお願いしないと駄目な部分は相談するといいです。

遺産相続手続きに失敗するとやり直し

必要な書類が不足している場合や、手続きに不備がある場合など、遺産相続手続きに失敗した場合はやり直しをします。1から提出をすることとなり、もう1回同じことを繰り返すことになります。書類が残されているので、最初からやり直すとしても時間は短縮できますが、また必要な場所に行って手続きをすることとなるので大変です。

時間の無駄になってしまうので、できることなら手続きに失敗しないように、書類の不備などは無いようにしてください。特に遺言書がなかった場合で、もう1度やり直してもらうことを告げられる場合があります。残されているなら、持っていくことが望ましいです。

遺産相続手続きで納得がいかない場合どうしたらよいか

現在の遺産相続に納得が行かない方は、弁護士に依頼をすれば、解決してもらうことが出来ます。例えば、もっと遺産をもらっても良いと思う、遺産の分け方を家族で争っている、遺言書の内容が本当か知りたい、相続人が自分勝手している、侵害された遺留分を取り戻したいなど、このような問題を抱えている方は、弁護士に遺産相続手続きを依頼した方が良いです。

ほとんどの場合、納得のいく形に戻してもらうことが出来ます。司法書士を利用される方も多いですが、揉めた場合は裁判になることが多いので、弁護士の方が有利に事を進める事が出来ます。

専門センターに遺産相続手続きを頼んだ場合

遺産相続手続きは相続する内容やモノによって必要な手続きや、書類が変わってきたりと非常に難しく、正しく処理するの素人がやろうとすると時間がかかってしまいます。そう言った時に助けてくれるのが弁護士や司法書士などの専門の方々なのですが、費用は一体いくらくらいかかるのでしょうか。

基本的には相続する金額の内容によって大きくことなってくるのですが2000万円以下の場合は19万円以下の報酬が相場と言われていますし、1億円まで上がると報酬金も40万円と上がります。1億円以上となると、簡単には見積もりを出してくれる所の方が少なくなっており別途相談と言った形になる場合が多いようです。

スムーズに進めたい相続手続き

遺産相続が行われる際、相続手続きが必要となり、相続人に対する遺産分配方法が決定されます。相続人が複数存在する場合においては、トラブルの発生に繋がるケースも多く、全員の賛成が得られない時や、話し合いが上手く進まない時などには、弁護士や家庭裁判所が介入することとなります。

法律専門家への相談は、正しい手順や定められた期限内での手続きに適切に対処できるだけでなく、困った時の相談先としても心強い存在です。なるべく速やかに解決させることで、日常生活に対する余計なストレスを増やす要因も減らすことができるでしょう。

相続手続き・遺産分割協議に関する記事

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事の成否への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金を諦める前に

自己破産情報

借金相談情報

弁護士情報

相続手続き、遺産分割協議情報