遺産分割協議でのトラブルについて

遺産相続を分配する際に、相続人全員でその分割の方法について、話し合う役割を持っているのが遺産分割協議になります。協議を始めるにあたって準備が不十分であると、相続の際にスムーズにいかなかったり、相続人同士のトラブルなどが発生されるようなケースもあり注意が必要とされます。

遺産分割協議で合意とならない場合においては、家庭裁判所の介入を受けることとなり、そこで遺産分割についての調停が開始されます。家庭裁判所となると時間や費用もかかってきますので、弁護士のサポートを得て進めるような流れになることでしょう。

問題なく遺産分割協議を進めるために

両親が亡くなってしまったときなど遺産を相続する手続きを行う必要が出てきます。何度か経験したことがあるのならば問題はありませんが、初めてとなると大変な場合が多いです。

特に遺言書があればその通りに遺産を分配することもできますが、もし遺言書がなかった場合は遺族で話し合って分配する必要があります。そのように遺産相続を話し合うことを遺産分割協議と言い、よくトラブルに発展してしまうケースの多い事柄です。トラブルを未然に防ぐためにも弁護士を呼んでしっかりと法律に則った分配をすることで安心して遺産相続を行うことができるのです。

遺産分割協議をスムーズに進める方法

親が亡くなってしまったときなど喪失感が強く気力が保てないかもしれませんが、さまざまな手続きをしなければいけません。そこで発生する手続きにはもちろん遺産相続も含まれています。

親が遺言書を残していた場合は分配割合などがハッキリとしていて良いのですが、遺言書が作成されていなかった場合は遺族で話し合って分配割合を決める必要があります。その話し合いのことを遺産分割協議と言い、よくトラブルになってしまうことが多いです。そうならないためにも弁護士に依頼をしましょう。専門家の意見を交えながら遺産分割協議を進めることでトラブルなくスムーズに済ませられます。

弁護士が遺産分割協議に必要なケース

亡くなられた方の遺言書がない場合は、相続人たちで遺産分割協議をおこない、協議書を作成することが必須です。なぜなら協議書がない場合、亡くなられた方が所有していた銀行口座の預金を引き出すことや、不動産の登記名義を移すことができないからです。

遺産分割協議書は、相続人全員が集まって自署や押印をしたものを人数分作成して、各自で保管します。全員が協議の内容に同意さえしていれば、必ずしも一同に集まっておこなう必要はありません。協議書を郵送したり、持ち回りで作成しても問題ないのです。万が一、相続人同士の利害が対立した場合は、弁護士に相談すると取り返しのつかない事態を防ぐことができます。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談は

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺産相続全般、遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続き・遺産分割協議に関する記事

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事の成否への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金を諦める前に

自己破産情報

借金相談情報

弁護士情報

相続手続き、遺産分割協議情報