遺産分割協議と記載通について

遺産分割協議を行うために、記載通の内容をじっくりと理解することによって、相続人同士の言い争いなどのリスクを最小限に抑えることが可能となります。 近頃は、遺産分割協議の重要性について興味を持っている人が増えてきており、将来的なトラブルを避けるために、同じような年代の人々の感想をチェックすることが大事です。

また、遺産分割協議の費用の支払い方について迷っていることがある場合には、経験豊富なスタッフがそろっている法律事務所に相談を持ち掛けることによって、忙しい生活を送っている人であっても、役立つ情報を得られます。 

遺産分割協議には不動産登記簿の記載を記します

遺産分割協議書には、各相続人が取得する遺産について列挙しなければなりません。その際に遺産に不動産がある場合には、注意点があります。遺産の中に不動産が含まれている場合は、相続する不動産の登記簿謄本が必要になるのです。

不動産の表示については、登記簿謄本の記載通りに記さなければいけません。よくある間違いとして遺産分割協議書に不動産の評価証明書記載の内容を記したものがあります。もし、登記に記載された不動産の表示と評価証明書に記載された内容が異なる場合で、さらに評価証明書の記載が現状正しいのであれば、両方を併せて遺産分割協議書に記載します。

相続人全員の意見をまとめる遺産分割協議

財産のある人が亡くなると、その財産は相続人で分けることになります。財産が預貯金や現金のみの場合は、法律で定められた通りの分け方(例えば、配偶者と子供2人の場合は、配偶者が1/2で、子供がそれぞれ1/4)ができますが、財産が自宅の土地と家屋のみのような時は、どのような方法で分割するのか、どうしてももめがちになります。このような時は、相続人全員で意見を出し合って話し合い、遺産の分け方を決めていきます。

この話し合いのことを、遺産分割協議と言います。遺産分割協議は、意見がまとまらなかったりして何かと時間がかかりがちですが、遺産の申告期限までに、この遺産分割協議を完了しておくと、相続税の節税対策ができます。遺産の申告や分割協議書の作成や相続税のことなど、不安に思うことがあったら、税理士や司法書士・弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

遺産分割協議のデメリットとは

遺産を相続する際に、相続人の間で争いが起こってしまった場合に遺産分割協議が行われます。遺産分割協議では、裁判外での話し合いになりますので比較的自由な手続きが可能です。

相続人同士で話し合うことで温和な解決をすることが可能になります。遺産分割協議は裁判外というメリットがありますが、デメリットも存在しますので注意しましょう。比較的自由である反面、法的な拘束力がありませんので相続人が参加を断った場合には協議ができなくなってしまいます。デメリットを考慮しながら、第三者を交えて遺産分割は適切に解決する必要があります。

遺産分割協議の前に確認しておきたいこと

遺産分割協議にあたりまずすべきことは、相続人の確定と相続財産の確定の2点です。相続人は、被相続人の出生から死亡までの除籍謄本や改製原戸籍謄本で確定させていきます。

一方、相続財産は現預金や有価証券、土地・建物のほか家財、骨董品、ゴルフ会員権などのプラス財産、借入金・住宅ローン、税金などの未払い金のほかマイナス財産を全部調べて確定させますが、相続手続きをスムーズにするため目録を作成することが望ましいです。注意したいのは分割相続の対象がプラス財産のみで、マイナス財産は法定相続分で各相続人が負担するということです。マイナス財産がプラス財産より多い場合には限定承認や相続放棄も検討することになります。

遺産分割協議のポイント

遺産の相続問題が発生した際、対象となる相続人が複数存在する場合は遺産分割協議を行って、どのような遺産の分配がなされるのか話し合いが進められます。堰堤として、相続人全員の戸籍を調査して確定させるところから始まり、法廷相続分として従った相続を行う場合、相続財産が債務より多い場合に協議が行われます。

また被相続人から財産の一定の割合を受ける包括受遺者も協議に参加し、相続の対象者全員で執り行われる事が重要となります。相続人の中に未成年者や障害のある方など、協議に参加することが困難な方が存在する場合にも、一人ひとりの権利が失われないよう進められます。

相続手続き・遺産分割協議に関する記事

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事の成否への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金を諦める前に

自己破産情報

借金相談情報

弁護士情報

相続手続き、遺産分割協議情報