遺産分割協議書は相続人が各一通保有します

相続が発生した場合、被相続人の財産を相続するべき相続人全員が集まり、どのように遺産を分けるかを協議します。これを遺産分割協議と言い、こういった話し合いを行った上で、相続人全員の合意のもと、遺産分割協議書を人数分作成することになります。

これに、全員が連名で署名・捺印をし、分割の内容を証明する文書となり、相続人全員が、各一通保有することにより、間違いが発生しないようにするのです。この分割協議書は、被相続人が死亡した際に一時凍結された金融機関の口座を開放し、預金をおろすために必要なほか、相続税の税務申告などにも添付すべき重要な書類です。

遺産分割協議書は何通作成するべきなのか?

遺産分割協議書の通数は、法律上の制限などはなく何種類、何通作成しても構いません。 例として土地や建物、財産の相続の際に記載するべき内容に誰が相続するかについてだけ記載した分割協議書や預貯金だけについての分割協議書などの一部のみで作成して構いません。

また、話し合いが決まった分だけで作成することを作成することを良しとされています。 その後、新たに出てきた財産の分には遺産分割協議書をやり直す必要はなく、新たに出てきた財産についてのみ作成して合わせてまとめることが可能です。 以上のように記載に必要な項目ごとに分割して遺産分割協議書は何通作成しても構わないことになっております。

遺産分割協議で遺産を請求するには

遺産分割協議で遺産を請求にはどのような手続きが必要なのでしょうか。 まず、遺産分割協議とは、相続人が決まってから、相続人の中で、誰がどのくらいの遺産を受け取るのかということを決める協議のことです。

登記の変更と相続の手続きをするためには、協議を行い、遺産分割協議書という書面を作成し、法務省に提出する必要があります。 この書面は相続人全員が、遺産の分割内容に異存はないという合意書になり、協議によって決まった内容を反映したものになります。 必要に応じて、弁護士など中立な立場にある専門家に立ち会ってもらい、書類の作成も含めて補助してもらうことも可能です。

遺産分割協議のメリットとは

遺産分割協議のメリットは、当事者の間で納得するまで話し合いをすることができる事です。相続財産は、具体的に相続分に合わせて分けていくことになりますが、それを終えるまでは共有状態となります。

土地や建物は、共有のままでは自由に利用することができないため、それを分割する必要があります。しかし、誰がそれを受け継ぐのか、その分お金を多めにとるようにするのかを決めなくてはなりません。遺産分割協議は、その点について納得のいくまで話し合いができるというメリットがあります。ただし、その分話がまとまりにくいという欠点があります。

速やかに進めたい遺産分割協議

遺産相続が行われる際、遺産分割を進める上で相続人全員の間で遺産をどのように分けるか決める話し合いについては遺産分割協議と呼ばれます。巣族人全員の賛同が得られない場合には、家庭裁判所へ遺産分割調停を行うことによって問題の対処が進められます。

協議が行われていく中で、相続人同士の間でトラブルが発生するケースは非常に多く見受けられます。なるべく大きいな問題へと発展させないよう、弁護士などへ相談することも可能であるため、法律に基づいた判断や情報を取り入れながら、円滑に協議を進めていくことが可能となります。

全員の権利が守られる遺産分割協議

遺産の相続問題が発生する場合において、相続人が複数存在する時などは遺産分割協議が行われ、どのように遺産が分配されるかなどが取り決められます。協議によって決められた内容や結果は、書面上で記される事になり、いざという時のための証拠の品ともなります。

また協議には、相続人全員の参加が必要であり、未成年者や障害者など協議に参加できない方が含まれている場合でも、一人ひとりの権利が守られています。全員の賛同が得られない場合には、家庭裁判所の介入による問題解決が進められます。なるべく大きなトラブルへ発展しないよう対処したいものです。

相続手続き・遺産分割協議に関する記事

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事の成否への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金を諦める前に

自己破産情報

借金相談情報

弁護士情報

相続手続き、遺産分割協議情報