遺産分割協議の各自の対応について

遺産分割協議の際には、各自の権利をきちんと主張することが欠かせない課題としてみなされています。 特に、高額な土地や家屋などを相続するためには、ある程度のテクニックが要求されることがありますが、定期的にプロの弁護士などに相談をすることで、何時でも冷静に判断をすることが可能です。

また、遺産分割協議の手続きの取り方に関しては、一般の消費者にとって、判断が難しいといわれています。 そこで、経験者の意見を積極的に採用することによって、忙しい生活を過ごしている人であっても、余裕を持って対応をすることができるようになります。

遺産分割協議と協議後の対応について

遺産分割協議を本格的に行う際には、実績のあるプロの法律事務所に相談を持ち掛けることが欠かせません。 最近では、協議後のトラブルを回避するために、人気の高い法律事務所のスタッフの選び方にこだわりのある人が増えてきています。

遺産分割協議の時期を決めるうえで、それぞれの相続人の意見を集客することが重要なポイントとして挙げられます。 そして、いざという時に備えて、相続人の主張を聞き入れながら、早いうちから遺産分割協議のテーマを予め考えておくことによって、将来的な紛争の危険性を回避することができるといわれています。

相続人全員で遺産分割協議書を作成せず後日判明すると

遺産分割協議は、被相続人の財産を受けるべき相続人全員で協議をし、その分割財産の合意として協議書を作成します。そのためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍を死亡からさか戻って調査し、まず相続人全員を確定することが必須の事前作業となります。

相続人全員に欠ける人員で協議した遺産分割協議書を作成してしまい、他にも相続を受けるべき人がいることが後日判明した場合、相続人全員に欠ける協議書は、それ自体が無効となり、改めて全員で作成しなおす必要が発生します。また、欠けた相続人から裁判提起など不測の事態が発生する場合もあるので注意が必要です。

遺産分割協議のやり方について

遺言がない場合、相続人全員で話し合って決めることを「遺産分割協議」と言います。その方法は、戸籍謄本などで相続人の確定を行い、登記簿謄本・通帳・保険金照会申請などを用いて相続財産の調査、それから協議を行ないます。

協議内容をまとめ、書類を作成し、相続人全員の署名・押印で、各関係機関で名義変更手続きなど相続手続きを進められるようになります。 書類は、相続人の数だけ作成し、全員の署名・押印されているものを各一通ずつ保管します。 しかし、遺産分割協議は、相続人全員が参加していないと無効になるので、最初の相続人確定が重要です。

遺産分割協議について

遺産分割協議とは、遺産分割を行うときに相続人同士で話し合うことをいいます。被相続人が亡くなると相続は開始され、被相続人の財産は相続人が継承します。遺言がある場合は遺言に沿って遺産分割されますが、遺言がなかったり、遺言から漏れている財産があったりする場合には遺産分割協議が必要になります。

相続人全員が合意すればどのような分割でも有効であるため、一人の相続人がすべての遺産を相続することも可能です。協議が成立しない場合は遺産分割調停・審判へと移行していきます。相続トラブルが起こった場合には、弁護士など法律の専門家に相談することでトラブルが解決される可能性があります。

遺産分割協議の場を作ろう

理想的な場を作ることで、遺産分割協議はスムーズに進められます。どこで行うかはよく考えたほうがいいですし、全員が集まりやすい場所は話しやすいです。基本的に大きな家でお願いすることとなり、親類で一番大きなところに依頼するといいです。

そこでしっかりと話をして、遺産について分割を行います。分割できる場をしっかり作って、話しやすくすれば納得できる可能性も高まります。適当に作っていると、大きな失敗が起きる可能性もあるので、できればしっかり場所の確保をしてください。場合によっては、別途に借りて対応することもあります。

相続手続き・遺産分割協議に関する記事

多重債務のための過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議の相談に関する記事の成否への責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、相続手続き、遺産分割協議の相談以外のお問い合わせはこちら

過払い金を諦める前に

自己破産情報

借金相談情報

弁護士情報

相続手続き、遺産分割協議情報